内池醸造株式会社

こだわり

JAS認定工場

ninnteisyou.jpg

<JAS制度について>
日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づくJAS制度は,食品・農林水産品やこれらの取扱い等の方法などについての規格(JAS)を国が制定するとともに,JASを満たすことを証するマーク(JASマーク)を,当該食品に表示できる制度です。

<JAS認定工場>
内池醸造の工場はJAS制度に基づき,(一財)日本醤油技術センターより,「JAS認定工場」(Aシステム)と認定されております。
「JAS認定工場」(Aシステム)は所定の技術的水準を満たしており,自工場で製造した醤油を自ら格付けし,JASマークを付けて出荷することが認められております。

<醤油JAS等級について>
JASマークのついている醤油には「特級」「上級」「標準」のいずれかの等級表示がしてあります(下図)。JASマーク.jpg醤油のうま味成分であるグルタミン酸やその他多くのアミノ酸類は,必ず窒素分を含んでいるのが特徴です。したがって,醤油中の窒素分の多いものほど,うま味のある醤油ということがいえます。
等級表示するにあたっては,製造区分ごとに全窒素分などの基準が設けられており,良い醤油を選ぶときの大切な目安となります(下表)。
   表:醤油JAS等級と窒素分toukyuuhyou.jpg

<特選・超特選の用語について>
特級より窒素分が10%以上多い醤油(こいくちでは窒素分1.65%以上のもの)には「特選」という表示ができます。さらに,こいくち・たまり・さいしこみ醤油では,特級のなかで窒素分が特級規格より20%以上高いものに関しては「超特選」という表示が許されます。

<醤油に使用される食品添加物について>
醤油の製造時は味を調えたり,品質の変化を抑えるために,必要に応じた食品添加物を適正に使用します。
   表:醤油に使用する主な添加物の名称と目的とその効果

tennkabutumokuteki.jpg